金融用語辞典
更新日:20131225

ファイナンシャル・プランナー

 ファイナンシャル・プランナー(FP:Financial Planner)とは、資産運用の指導や助言を行う専門家のことです。顧客の年齢、家族状況、家計の収入・支出の状況、資産や負債、保険などを多角的に分析し、併せて、税制や社会保険制度、さらには賃金上昇率、インフレ率、金利などを検討しながら、顧客の「ライフプラン」を実現するために必要な、総合的な資産設計を行い、その実行のための助言を行います。
 ファイナンシャル・プランナーの資格としては、職業能力開発促進法に基づき、厚生労働省が所管する国家試験の合格者に与えられる「ファイナンシャル・プランニング技能士」があります。この技能検定試験は、国から指定試験機関として指定を受けた特定非営利活動法人(NPO法人)日本FP協会と一般社団法人金融財政事情研究会が行っており、「ファイナンシャル・プランニング技能検定試験」に合格すれば、1〜3級までの「ファイナンシャル・プランニング技能士」の資格が与えられます。
 FA  金利  日本ファイナンシャル・プランナーズ協会  ライフプラン
戻る