金融用語辞典
更新日:20150725

非上場債の時価評価(投資信託)

 ひじょうじょうさいのじかひょうか
 投資信託に組み入れられる有価証券は、原則として時価で評価されます。ただし、1999年9月までは取引所に上場していない債券(非上場債券)については、時価ではなく取得原価で評価されていました。しかし、1999年10月以降は、予想分配型の投資信託長期公社債投信、中期国債ファンド等)を除き、時価で評価されるようになりました。また、予想分配型の投資信託についても、2001年4月からは、その他の投資信託と同様に、時価で評価されるようになっています。非上場債券を時価で評価するようになったことから、金利が大きく変動した場合、公社債投資信託基準価額も、株式投資信託と同様に、元本価額の変動性が高まっています。なお、このような非上場債の評価は、原則として、「日本証券業協会が公表する店頭売買参考統計値」「証券会社、銀行が提示する気配値」「価格情報会社が提供する気配値」のいずれかから入手した価額で評価されます。
 株式投資信託  基準価額  金利  公社債投資信託  日本証券業協会  債券  上場  証券会社  取得原価  長期公社債投信  投資信託  有価証券(金融商品取引法)
戻る