金融用語辞典
更新日:20150725

引受会社

 ひきうけがいしゃ
 引受会社とは、有価証券の募集もしくは売出しまたは私募に際し、これを取得させることを目的として当該有価証券の全部または一部を取得する(買取引受)会社、あるいは当該有価証券を取得する者がない場合にその残部を取得する(残額引受)契約をする会社のことです。つまり、発行会社は、引受会社を介在させることにより、広く不特定多数の投資家へ取得してもらうことが可能となり、一挙に多額の資金を集めることができるようになるのです。
 通常、引受会社は引受責任の分散のため、複数の会社が集まって引受シンジケート団を組織し、共同で引受業務にあたります。地方債、政府保証債の引受シンジケート団は、銀行等の金融機関と証券会社によって組織されます。一方、事業債等の引受シンジケート団は、証券会社のみによって組織されます。これは、証券業務と銀行業務の職能分離を規定した金融商品取引法第33条の定めによるものです。
 売出し  発行市場と流通市場  会社  契約  国債  国債引受シンジケート団制度  公共債  公募入札(債券)  債券  私募  シンジケート  証券会社  政府系金融機関  地方債
戻る