金融用語辞典
更新日:20150725

1株当たり純資産(BPS)

 ひとかぶあたりじゅんしさん(びーぴーえす)
 Book-Value Per Share
 会社の資産価値を見る指標に、1株当たり純資産(BPS:Book-Value Per Share)というものがあります。1株当たり純資産というのは、一般に純資産の部の金額から新株予約権や少数株主持分の金額を控除した金額(自己資本)を発行済株式数で割った金額のことで、この1株当たり純資産と株価の関係をみたものがPBRであり、次のような算式で求められます。
 1株当たり純資産は、会社の解散価値を示すものです。したがって、理論的にはPBRは1倍を割ることはないといえます。もしも、PBRが1倍以下の銘柄があり、倒産する心配もなく、業績も回復する可能性があれば、中長期の投資対象として妙味があると判断できます。1株当たり純資産が大きい企業の多くは、1株当たり純利益も高くなっています。これは高収益企業ほど、利益を内部蓄積に回すことが可能であり、純資産を増やすことができるからです。
 発行済株式数  株価純資産倍率(PBR)  株主  会社  利益  債権  債務  非支配株主持分  新株予約権  自己資本  相殺  倒産
戻る