金融用語辞典
更新日:20150725

販売価額(投資信託)

 はんばいかがく
 販売価額とは、投資信託を購入する際の価格のことです。単位型投資信託や日々決算型の追加型公社債投資信託(MMF、中期国債ファンド、MRF等)の販売価額は、元本価額(1万円)になります。日々決算型を除く追加型公社債投信の販売価額は、元本価額(決算期末に元本超過額を全額分配するため)またはそれ以下(1万円もしくはそれ未満)のその時々の基準価額になります。追加型の株式投資信託の販売価額は、当初募集時には元本価額(1万円)に手数料およびこれに対する消費税を加えたものになりますが、追加販売価額は、その時々の「基準価額」または「販売基準価額(基準価額信託財産留保額を加えた額)」のいずれかに販売手数料およびこれに対する消費税を加えたものになります。「基準価額」によるか、「販売基準価額」によるかは、信託財産留保額を徴収するか否かの違いによります。
 株式投資信託  基準価額  公社債投資信託  消費税  信託財産留保額  単位型投資信託  中期国債ファンド  投資信託
戻る