金融用語辞典
更新日:20150725

バリュー株ファンド

 ばりゅーかぶふぁんど
 value fund
 バリュー株ファンドとは、バリュー株に投資するファンド(主として投資信託)をいいます。バリュー株とは、割安株と訳され、発行会社の収益力、財務内容、資産価値などから見て、明らかに割安だと判断される株式をいいます。割安かどうかは、その株式配当利回り株価収益率(PER)株価純資産倍率(PBR)などの指標を、その過去の推移や比較可能な他社株の水準と比較して判断します。
 バリュー株ファンドは、こうした割安株だけを組み入れるため、「割安株ファンド」と呼ばれることもあります。
 バリュー株投資は、1980年代以降盛んに行われた「スタイル投資」において、グロース株投資と対比される考え方として定着しました。かつての経験ではバリュー株とグロース株は互いに反するパフォーマンスを上げた(一方が値上がりしているとき他方は値下がりないし低迷している)ため、上手にスタイルを乗り換えられれば、長期にわたって高いパフォーマンスを上げられるとする「スタイル・ローテーション」という考え方が出てきました。ただ、スタイルが入れ替わる時期の見極めがむずかしい、大量の銘柄を組み入れたファンドを短時間で総入れ替えできるかなどの問題があります。
 配当利回り  バリュー株  ファンダメンタル分析  ブレンド運用  株価収益率(PER)  株価純資産倍率(PBR)  株式  株式市場  グロース株ファンド  投資信託
戻る