金融用語辞典
更新日:20150925

卸売物価指数(WPI)

 おろしうりぶっかしすう(だぶりゅーぴーあい)
 Wholesale Price Index
 卸売物価指数(WPI)とは、2002年12月末まで、日本銀行が公表していた物価指数のことです。日本銀行は、2003年1月から卸売物価指数に替え(指数の総称を改め)、企業物価指数(CGPI:Corporate Goods Price Index)を公表しています。卸売物価指数とは、企業間で取引される中間財の価格のことで、「国内卸売物価指数」「輸出物価指数」「輸入物価指数」、これら3つを加重平均した「総合卸売物価指数」の4つが公表され、一般に卸売物価指数という場合は、「総合卸売物価指数」のことを指していました。
 PPI  物価  企業物価指数(CGPI)  GDPデフレーター  消費者物価指数(CPI)  中間財  輸出入物価指数
戻る