金融用語辞典
更新日:20151130

大口取引

 おおぐちとりひき
 大口取引とは、通常、取引所外での1銘柄の取引が5,000万円を超える取引のことです。300万円超5,000万円以下を準大口、50億円超を超大口といいます。
 株式
戻る