金融用語辞典
更新日:20151125

モーゲージ担保証券(MBS)

 もーげーじたんぽしょうけん(えむびーえす)
 Mortgage Backed Securities
 モーゲージ担保証券(MBS)は、米国の代表的な資産担保証券(asset backed securities)で、住宅ローン債権であるモーゲージ・ローンの流動化を目的に発行されています。
 住宅ローンが組まれると、資金を提供した金融機関はモーゲージを保有することになりますが、そのままの形態でモーゲージを保有し続ける場合と、転売して流動化する場合とがあります。 金融機関は保有するモーゲージの金額が多額になると、金利や満期などの類似した多くの住宅ローンを一括して信託し、その信託財産の持ち分として受益証券を発行して流動化させます。これが、MBSです。MBSに対しては、政府・民間保険会社のローン保険が付くほか、元利金の支払いに対しては政府機関が保証します。このため、米国の住宅金融の第2市場の中心であるMBS市場は1980年代以降急拡大しました。
 日本国内のMBSは、1999年に三和銀行(当時)によって初めて発行されました。証券化が業務の中心となる新組織に衣替えした住宅金融支援機構(旧・住宅金融公庫)も2005年度から住宅ローン証券化を行っています。
 RMBS  保証  金利  モーゲージ・ローン  モーゲージ・カンパニー  サブプライム・ローン  CMO  住宅金融支援機構  住宅ローン  受益証券  証券化  信託  信託財産  政府支援機関(GSE)  信用リスク移転(CRT)  都市銀行
戻る