金融用語辞典
更新日:20170602

MSCI指数

 えむえすしーあいしすう
 MSCI Index
 MSCI指数とは、MSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)が開発した時価総額加重型の株価指数です。先進国やエマージング地域別、各国別、産業別、業種別等の各種指数があります。世界中でグローバル株式投資のベンチマーク(評価基準)として広く採用されています。
 最も代表的なMSCIワールド指数とMSCIエマージング・マーケット指数は、各々、23か国の先進国(約1,600銘柄)と23か国の新興国(約800銘柄)で構成されています。
 MSCIのすべての指数は、原則、浮動株修正時価総額加重平均です。つまり、各銘柄は、市場で取引可能な時価総額で指数に採用されています。なお、MSCIでは、外国人投資家が株式市場で投資可能な株式を浮動株と定義しています。
 MSCI指数の中にMSCIコクサイ指数があります。この指数は日本を除く先進国22か国(約1,300銘柄)で構成されています。MSCIコクサイ指数は、日本国内の多くの年金基金などがグローバル株式投資のベンチマークとして採用しています。
 ベンチマーク  株式市場  機関投資家  年金基金  流動性  時価総額(株式)
戻る