金融用語辞典
更新日:20150925

エコ・ファンド(環境ファンド)

 ecology fund
 エコ・ファンドとは、地球温暖化や環境破壊、資源の枯渇化など環境問題に世界的な関心が高まっていることを背景に、環境改善・浄化に関係の深い企業を選んで投資することを目的に組成されたファンドをいいます。環境ファンドとも呼ばれ、投資信託の形を取るものが多く見られます。
 環境関連企業への資金投入によって、(1)株価が上がって人々の注目を集め、(2)それらの企業の資金調達を容易にすることで成長の手助けをし、(3)それが環境破壊を食い止める力になるというのが、同ファンド設立の趣旨です。企業の社会的責任に注目する社会的責任投資(SRI)の一環ともいえます。
 一方、趣旨は良いのですが、(ア)環境に関連するという定義が漠然としている、(イ)分散投資によるリスク軽減という投資の原則に反している、(ウ)移り気な市場において環境というテーマがいつまで持続するか疑問だ、といった批判もあります。
 ESG投資  SRI(社会的責任投資)  バイオマスエタノール  分散投資  環境会計  人気(相場)  債券  テーマ型ファンド  投資信託  優良企業
戻る