金融用語辞典
更新日:20170602

運営管理機関(確定拠出年金)

 うんえいかんりきかん
 運営管理機関とは、確定拠出年金制度の中で商品情報の提供や残高管理などを行う、厚生労働省と金融庁の承認を受けた専門機関のことです。運営管理機関の業務は、運用関連業務と記録関連業務の2つに分けられます。運用関連業務とは、確定拠出年金プランの運用商品の選定および加入者への提示、運用商品の特徴・価格等の情報提供などの業務のことです。銀行・生保・証券など資産運用の専門性を有する金融機関が主に行っています。記録関連業務とは、加入者の個人別資産残高の記録・管理・提供、加入者からの運用指図のとりまとめ、加入者からの給付申請の受付、受給権の裁定などの業務のことです。この業務を行う運営管理機関は、一般にレコードキーピング会社と呼ばれ、システム整備等に多額の投資が必要なことから、金融機関は共同でレコードキーピング専門の会社を設立しています。レコードキーピング会社は、各種の照会・運用指図の受付などをインターネットやコールセンターを通じて行う、加入者サービスも行っています。
 確定拠出年金(DC)  資産管理機関(確定拠出年金)
戻る