金融用語辞典
更新日:20170602

ウォール街

 うぉーるがい
 Wall Street
 ウォール街とは、ニューヨーク市マンハッタン島の南端にある証券・金融の中心地のことです。元々は、マンハッタン島南端の通りの名称でしたが、今は、ブロードウェーのトリニティ教会の正面から東のイーストリバーまでの通りとその周辺のことを指す場合が多いようです。名称については、17世紀に、この地に入植したオランダ人が、先住民族や他国の入植者などから身を守るために、丸太で防護壁(ウォール)を築いたことに由来するといわれています。
 現在、ウォール街は米国の金融・経済の中心であるとともに、世界の金融・経済の中心でもあります。この地区の周辺には、ニューヨーク証券取引所やニューヨーク連邦準備銀行などのほか、世界中の大手証券や大手銀行などの拠点もあり、ウォール街の動向は全世界の金融市場に大きな影響を及ぼしています。ただ、近年は、IT化の進展などもあり、多くの金融機関が本社機能を他の地域に移しているのが実情のようです。
 兜町  金融  証券会社
戻る