金融用語辞典
更新日:20151031

アブノーマル・リターン

 abnormal return
 直訳すれば異常収益ですが、超過リターン(excess return)と呼ばれることもあります。2通りの意味があります。資本資産価格理論(CAPM)では、無リスク資産のリターン無リスク利子率)を超えるリターン部分を指しています。この超過リターンは、投資家がリスクをとることに対する見返りとして与えられるリスク・プレミアムであり、リスクが大きいほど超過リターンは大きくなります。もう1つ、実務の場では、ポートフォリオの実現リターンが与えられたベンチマークポートフォリオリターンを上回る部分を指します。たとえば、スタイル運用において、グロース株ファンドを運用したマネジャーは、ベンチマークとして指定されたグロース株インデックスのリターンをどれだけ上回るリターンをあげたかによって評価されます。この上回るリターン部分が超過リターンです。一般的には、超過リターンということばのほうが多く使われ、アブノーマル・リターンは、どちらかといえばイベント・スタディや効率的市場理論で使われることが多いようです。
 ベンチマーク  ポートフォリオ  グロース株ファンド  無リスク利子率  リスク  リターン  スタイル運用
戻る