金融用語辞典
更新日:20170602

アクチュアリー

 actuary
 アクチュアリーとは、「確率・統計などの手法を用いて不確定な事象を扱う数理の専門家」です。確率論・統計学などの数理的手法を活用して、主に年金や保険に関わる諸問題を解決し、財政の健全性の確保と制度の公正な運営に務めることを主な業務とする専門職です。
 日本では、公益社団法人日本アクチュアリー会の試験の全科目に合格してプロフェッショナリズム研修を受講し、日本アクチュアリー会の正会員になった人のことをいいます。
 アクチュアリーは、主に保険会社や信託銀行、官公庁などに所属して、保険や年金の料率設定、決算などに関わる保険数理・年金数理業務をはじめ、商品開発、リスク管理分析、長期計画の策定などに携わっています。近年は、コンサルティング会社に所属し、保険や年金に関わるコンサルティングを行う者や、監査法人に所属し、中立的な立場から外部監査に携わる者も増えています。
 年金数理  社団法人
戻る